50代化粧品へ感謝する気持ち

やっぱ年齢?皮膚ガサつき、水分ゼロ状態、んな感じも若干諦めムード。もうバアサンだし、スキンケア絶対無駄さ、50代化粧品さえ無駄よ。

買わない宣言、娘が横目で睨むけど関係ない。ドサッと出されたプレゼント、何コレ?聞けば誕生日プレゼントだから、使いなさい!素っ気無く呟く。

リボン解き、包み開ければ豪華ボックス。中には高価な50代化粧品。スマン、謝りながらタイミングの悪さ呪う自分。そーいう事なら、言っとけよ。

口悪いの、相変わらず治らん自己を反省。予想外の気使いに、戸惑う私。心入れ替え、ガンバリマス!掌返したよーな反応、娘大笑い。

入浴後、鏡出しせっせと励む、50代化粧品使ったスキンケア。翌朝、変化見られ衝撃。何じゃこりゃ!若干ハリ戻る感覚、久しぶりじゃん、自らビックリ。

予想以上の効果、シワシミ薄くなる雰囲気醸し出す心地良さ。子供居て良かった、改めて実感。今日の弁当、豪華に唐揚げ、手作りで投入。

50代化粧品のせめてもの感謝、伝わるかな?安い給料工面する子供心受け止め、美顔造りに励みます。

確執が起きる世襲

小中高と同級生だった奴が、つい最近、社長へ就任したというニュースを、日経新聞で知った。子供の頃から、親が社長だという事は知ってたが、何の会社かは知らなかった。

日経新聞に掲載されるという時点で分かると思うが、こちらではかなり大手の企業である。

そいつの事は好きでも嫌いでも無く、どちらかと言うと、女子には相手にされないタイプの人。親が社長というのは強いと、改めて思った。

継ぐという事は、ごもっともかもしれないけれど、もしも私がサラリーマンで、良い位置まで上り詰めた役員だったら、年下のボンボンの下で働かなくてはならないなんて、屈辱だ。

これは規模が大きければ大きいほど、確執が起きる原因のひとつとも言える。世界は、不公平なんだな。

突然我が家にやって来た、ウェルシュコーギーの子犬。旦那が急激に思い立ち、一人で購入決定とか、勝手すぎじゃん。

怒鳴るつもりが、可愛らしさに私まで撃沈。可愛い瞳を輝かせ、まるで天使。スッカリメロメロ、馬鹿親の完成。

名前候補上がるも絞り切れず、数日間ワンコ呼び。元は牧羊犬、さすが動き素早いわ、ウェルシュコーギー。首輪、リード買い、早速散歩するも注目の的。一番目立ちます。

短い脚トコトコ、写真撮りまくり、新品カメラ用意。子無し夫婦、急に仲良く会話が増加。抱っこ取り合い、喧嘩勃発。

けど何故か仲良くなった雰囲気。家中パッと明るく、ウェルシュコーギー効果だわ。長い胴体、性格ハッピー、大きなお耳、全部キュートよ、我が家のワンコ。

初飼いの不安吹っ飛び、毎日生き甲斐感じ、エサも手作り。旦那はスーパー値引き惣菜。ウェルシュコーギー、頭賢く躾もラクチン。

歴史ひも解けば、イギリス、ロイヤルファミリーとか、高貴すぎ!無駄吠えなく、一般家庭にオススメ、絶対惚れるね。心すっかり奪われてます。